ルネッサンスクリニック・最新の植毛ロボットARTAS 体験談【動画あり】

ルネッサンスクリニック

ルネッサンスクリニック

 無料カウンセリングと専門医の診断までが非常に丁寧、提案の幅が格段に広いクリニックです。
 ここでは通常のプロペシアなどの内服薬での治療以外に、スマートメソという独自治療、そして「自毛植毛」にもかなり力を入れています。特に「自毛植毛」の日本で唯一、切らない植毛ロボットARTASによる施術を受けることができるクリニックでもあるのは魅力的だと思いました。
 人の技術も素晴らしいけど、疲れを知らず・正確であるというのはもはや外科手術の領域でロボットを使用するのが当然になってきたように、同じく外科領域である「自毛植毛」にも採用されてるのは評価が高いと思います。
 持病や疾患の関係で、投薬治療が難しい人も、「自毛植毛」はかなり期待できると思います。管理人も、今行っている投薬治療に満足がいかない場合は、次はこの「自毛植毛」も良いのではないかと考えています。
そうした治療幅を広げるという意味でも、無料相談に訪れる価値は十分にあると思う専門医療機関ですね。医師の診察の結果で治療を希望されない方は一切料金はかからないのも嬉しいですね。

 

切らない植毛手術/ARTAS system

通常の植毛手術だと、毛髪を採取するのに皮膚ごと取る必要がある。このように・・・(画像あり)長い傷が残ってしまう。
最新テクノロジーを駆使したARTAS systemなら切る必要はない!
これはARTAS systemを使ったドナー採取箇所の写真。
ARTAS植毛とはどんな手術なのか、実際にARTAS植毛を受けた方の体験談をごらんください。

 

相談者 御堂剛功(30代 会社員)

 

相談者の悩みは、薄くなっている生え際。
特殊なカメラで見てみると・・・薄毛が確かに進んでいるようだ・・・
そこで手術がはじまった・・・

 

施術の流れ

@植毛する部分と採毛する部分をマーキング
A採毛する部分を剃る
B毛髪を埋め込むためのスリット「切り込み」を作成
  スリット時に使われたのは植毛専用サージカルナイフ。通常のやり方(注射針)と違って、サージカルナイフの切れ味がとれも鋭くシャープに切れるので、痕が残りにくい。つまりより自然な仕上がりになる。そして、ARTAS systemの登場!
CARTAS systemで毛髪を採取

 

 ARTAS systemによる採毛を終えた相談者、その感想は・・・
『仰向けよりうつぶせになる時にやっぱり大丈夫かなという不安があったんですけど、つどつど何をやるのかを看護師さんとかドクターの皆さんも声をかけてくださったので、その辺の不安はだいぶ解消できました。
ただ、やっぱりうつ伏せをずっとしているのはしんどいんですけど、でも、僕みたいに水がほしいといったら水をもってきてくださったりして、結構至れりつくせりで、看護師さんはマッサージまでしてくれたので、結構良かったですよ。』

 

そして採取した毛はコチラ!(図あり)これは株という。
きれで自然な生え方になるように移植する前に株分けの作業を行う。

 

D株分け、移植
そして細分化した株を薄毛部分に移植。

 

手術終了
すべての手術を終えた相談者、最後の感想は?
『丸1日かかって、大変でしたけど、やっぱりですね、半年後は超楽しみですね!』

 

>>ルネッサンスクリニックの公式HPへ<<

ある程度自毛が残っている場合は、1回の植毛で結構見ばえが良く仕上がります。ですから、左右の横の生え際に植毛を希望される場合は、十分に経験を積んだ専門の医師に相談することが重要です。この脱毛は、かつらの使用を中止すれば、脱毛が回復する場合が多いようです。ヘアラインと比較して後頭部の植毛の満足感が低い理由を私なりに分析すると、以下の3点にまとめられるでしょう。失われた自分の自然の髪を取り戻すことができるというのが最新の自毛植毛の技術です。最大限まで採取すれば、1回で約1500株前後まで採取可能です。手術中は無痛です。それが第1ステップです。さらに感染の問題もあります。(3)テロゲン(Telogen=休止期)成長期は2〜5年、平均で約1000日続きます。それに対して、ヒトはおでこがある程度広いのが基本です。男性は中年以降になると、必ず左右のそり込みが上がってくるのに、そり込み部分だけに植毛をすると、生涯、少年のようなヘアラインで過ごさなければなりません。何故なら現在の医学ではドナーは後頭部、および一部の側頭部から採取するしかなく、採取できる数には制限があるからです。逆に言うと、「何でもできますよ。実際に生え際に植毛する場合は、ご来院していただきまして、ご希望の生え際の位置とデザインを確認させていただきます。これでは生え際の植毛にはまったく量が足りません。まず一つ目は、外部からの衝撃から頭皮や脳を守る役割をしています。また、多くの方は1度の植毛で抜け毛をカバーするだけの移植ができるのですが、抜け毛が前頭部からつむじ周囲の頭頂部まで広範囲に広がっているケースなど、1回の移植では効果が不十分な場合は、6カ月〜1年目以降に追加の移植をすることも可能です。汗の多い夏でも、寒い冬でも、結果は同じです。それに比べて自毛植毛は、自分の毛髪を薄くなった部分に移植する治療法です。

ルネッサンスクリニック・最新の植毛ロボットARTAS 体験談【動画あり】関連ページ

無料カウンセリングの様子【動画あり】
ルネッサンスクリニックでの実際の無料カウンセリングの様子の動画レポートです。
AR遺伝子検査の様子【動画あり】
ルネッサンスクリニックでの実際のAR遺伝子検査の様子の動画レポートです。
ヘッドスパの様子【動画あり】
ルネッサンスクリニックでの実際のヘッドスパの様子の動画レポートです。
メソセラピー(スマートメソ)の様子【動画あり】
ルネッサンスクリニックでの実際のメソセラピー(スマートメソ)の様子の動画レポートです。
メソセラピー(スマートメソ)の様子【動画あり】
ルネッサンスクリニックでの実際のメソセラピー(スマートメソ)の体験談の動画レポートです。
自毛植毛の体験談【動画あり】
ルネッサンスクリニックでの実際の自毛植毛の体験談の動画レポートです。